60代の結婚に成功した友人の婚活について紹介します。

意外と多かった60歳の独身者

同窓会

 

60歳になると、開かれる還暦同窓会。昨年、高校の還暦同窓会に参加し、青春をともに駆け抜けた友人たちと、還暦を祝ってきました。

 

髪が薄くなった人、太ってしまった人、キレイになった人、すごく活発になった人、皆それぞれに変化していました。(笑)

 

外見はどうあれ、少し話をすればあっという間に昔の友人に戻り、42年も離れていたことなど忘れてしまいます。

 

皆それぞれの人生を歩み、元気な姿を見られただけでも、とても嬉しいことですよね。

 

お互いの近況報告をして気がついたことは、結構な割合で独身者が多かったことです。独身を通してきた人、離婚した人、死別した人など、独身でいた理由は人さまざまです。

 

仲のよかった友人は、50歳の時に奥さんを亡くし、7回忌を終えてから5歳下の女性と再婚していました。

 

オーネットスーペリア

 

やっぱり一人で生きるのは寂しい

 

彼が、再婚を意識するようになったのは、55歳の時だそうです。2人の子供がいましたが、一人は結婚し残る一人も就職して独立し、彼一人の生活になったそうです。

 

彼自身の仕事も55歳で現場から離れ、忙しい生活に一息ついた頃から、しみじみ考えるようになったといいます。

 

「この先何年生きるかわからないけど、やっぱり一人は寂しい・・」と思うようになり、それをきっかけに結婚相談所に申し込んだそうです。

 

亡くなった奥さんとは学生時代から付き合いで結婚し、本当に仲の良い夫婦でしたから、よけいに寂しさを感じたのかもしれません。

 

いい人が現れなかったら結婚するつもりはなかったので、この段階では子供には、一切相談しなかったそうです。

 

婚活メニュー

 

結婚の決めては、同じ価値判断の人だと思ったこと

 

結婚相談所でお見合い相手を紹介されて8人目に、今の奥さんと出会いました。

 

先方の方にも成人した2人のお子さんがいて、ギャンブルと多少のDV傾向のあった夫とは、10年前に離婚し女手一つで2人の子供育てあげました。

 

彼女とは2年の交際を経て結婚を決意、そこで初めて子供に再婚のことを話したそうです。

 

結婚の決めてとなったのは、「いつまで話をしていても飽きずに楽しかったこと」だそうです。

 

話をして楽しいのは、物事の関心や判断基準が同じ証拠。これが違っていると、ぶつかったり、どちらかが我慢することになってしまいますよね。

 

亡くなった奥さんが優しいお母さんだっただけに、子供たちは「了解はしてくれたけど、けっして喜んではくれなかった」そうです。

 

結婚してから3年たった今は、子供たちも「父親の新たな人生」として認めてくれ、新しい奥さんとは友達のように接してくれているそうです。

 

60歳から残された人生は約30年。子育ても仕事も一段落つき、これからが本当に自由でやりたいことができる人生ですよね。

 

そういう意味で考えれば、まさしく「新しい人生」のスタートなのかもしれませんね。

 

そんな人生を一緒に歩んでくれる人を見つけた彼は、若々しく同窓会でひときわ輝いていました。

 

 

結婚相談所だから結婚できた

 

彼が結婚したいと思ったとき、迷わず結婚相談所方式の婚活を選んだそうです。

 

理由は、

 

仕事が忙しく時間がなかなかとれないこと

 

どこかで再婚に対して後ろめたさを感じてたこと

 

誰かに押し続けてもらわないと諦めてしまうかも・・と思ったこと

 

確かに一度結婚しよと婚活をスタートさせても、心の中ではいつも葛藤がありますし、つい諦めの気持ちがおきてしまいます。

 

こんな時に、真剣に相談にのって励まし続けてくれたのが、結婚相談所の担当カウンセラーだったそうです。特に、子供にどう話せばいいかについては、随分アドバイスをもらったようです。

 

60歳以降の結婚は、若い時の結婚と違って考えなくてはならないことが沢山あります。そんな悩みや問題をアドバイスして、婚活をすすめてくれる結婚相談所は、やはり心強い存在です。

 

「もし、真剣に結婚を考えているなら絶対結婚相談所だよ」。彼から、みんなへのアドバイスでした。

 

●専任コンサルのいる結婚相談所はこちら

 

・男50歳、女性45歳からの結婚相談所「楽天オーネットスーペリア」

 

・シニア向け結婚相談所のパイオニア「茜会」

 

婚活メニュー

関連ページ

超高齢化社会の60代、70代男女の恋、そして結婚
60代、70代で結婚するときの問題点や課題を考えながら、どうすれば結婚できるか様々な情報を提供します。
70代の結婚 冠二郎さん31歳年下初婚女性と結婚
演歌歌手冠二郎さん72歳が31歳年下の女性と結婚しました。そのポイントについて考えてみました。
60歳の結婚のあり方 週末だけ過ごす週末婚のすすめ
60歳の結婚で、平日は別々に暮らし週末だけ一緒に生活する「週末婚」が注目されています。お互いの生き方を大切に、何かあった時に支えあって生きる関係は、これからの新しいスタイルとなりつつあります。
60歳からの結婚 人生を充実するにはパートナーは不可欠
60歳からの結婚は、若い時の結婚と違い背負うものが少なくなります。だから自分たちのことを再優先で考えれば良いのです。
人生のラストパートナーを見つけ充実した時を過ごす
「お迎えを待つだけの人生はイヤ」もう一度充実した時を取り戻すために婚活を始める人が増えています。