60代で結婚したい人への情報です。

66歳で初恋の人と4度目の結婚 小倉一郎さん

小倉一郎さん、テレビドラマの名脇役として60年代の子役から、50年以上一線で活躍されている俳優さんです。

 

色白でほっそりしていて、ちょっと頼りない感じの役は、まさに小倉さんの独壇場ですよね。

 

そんな小倉さん、3度の離婚を経て独身中でしたが、66歳の時、初恋の人まきさんと出会い4度目の結婚しました。

 

小倉さんは66歳、奥さんとなったまきさんは61歳、2人の年の差は5歳です。

 

手を繋ぐ熟年カップル

 

世の中には、1度も結婚しない人もいるというのに、4度目の結婚なんて・・、うらやましいですよね。

 

小倉さんの結婚遍歴をたどってみると

 

  • 1973年、22歳で結婚、2ヶ月半で離婚
  • 1977年、一般の女性と結婚、4人の子供をもうけたが離婚
  • 2006年、元アイドル女性と結婚、9年後に離婚
  • 2017年、初恋の女性と4度目の結婚

 

となります。

 

今回の結婚は、「小倉さんの1人暮らしが大変だろう・・」と、見かねた奥さんの方から「一緒になろう」と声をかけたそうです。

 

小倉さんのイメージが、母性本能を刺激するのでしょうか、とにかく女性にモテる方のようです。

 

小倉さんの女性関係が原因で別れた二人

 

二人の出会いは、今から40年ほど前。

 

当時、小倉さんの住んでいた渋谷のアパートの向かいに、まきさんの友人が住んでいて知り合ったようです。

 

60年代の古いアパート

 

付き合っていた頃、まきさんはまだ女子短大生。

 

実家住まいだったまきさんは、小倉さんのアパートの合鍵を渡されていたそうです。

 

しかし、売れっ子になった小倉さんの部屋には、他の女性も何人か出入りしていたとか・・。それが理由で、別れたそうです。

 

その後、まきさんは、喫茶店を経営する男性と結婚。

 

29年目に離婚を考えているときに、小倉さんとの連絡が再開しました。

 

きっかけは、共通の友人である長谷直美さんのfaceBook を通じてたそうです。

 

faceBookを通じて昔の恋人と再開する人が増加

このように、faceBookなどを通じて、お付き合いを再開する人が多くなってきました。

 

faceBookは、電話番号などから自動的に友達を探してくる仕組みがあります。

 

また、自分の出身地や中学校、高校、大学などのデータから、同じデータを登録している人をピックアップし、「友人では?」と知らせてくれます。

 

この仕組みにより、突然昔の友人や恋人から連絡があり、再開するケースが多いのです。

 

同級生と出会ってワインで乾杯

 

また、googleや、yahooの検索ウィンドウに、名前を入れて検索する方法もあります。

 

画像検索すると、探している人の写真がドーンとでてくることもあります。

 

本当に便利な時代ですよね。逆に検索されたくない人は、「基本データ」を非公開にしたり、「プライバシー(公開範囲)」の設定をしておく必要があります。

 

中学校や高校時代に好きだった人から、突然連絡が来たら、うれしくなってしまいますよね。

 

昔、話をしたことがなかったとしても、大人になった今なら堂々と話すことができます。

 

お互い独身同士だったら、思い出話し、恋の再開、結婚・・・と、あっという間に突き進んでしまうこともあります。

 

小倉さんのケースも、これと同じケースですね。

 

人生の価値観も大きく変化

 

同窓会をきっかけに、昔の恋人や友人が付き合い始めるという話は、これまででもよく聞く話ですよね。

 

最近は、人生の価値観も変わり、熟年離婚も増えているため、独身シニアが増えています。

 

「残りの人生は好きなことをして自由に過ごしたい」、「一生このまま縛られて終わりたくない」、「もう我慢するのはイヤ」

 

という気持ちが、熟年離婚増の背景にあるようです。

 

また、新たな人生を求め「シニア向け婚活サイト」に、50代オーバーの登録者が急増しています。

 

傾向としては、「あえて結婚を望まず、パートナー関係、恋人関係」を求めている人が多いそうです。

 

公園をデートする中年カップル

 

結婚となると、子供や財産、親の介護、親戚の付き合いなど、いろいろ面倒なことや障害が多いですが、パートナー関係ならそんな心配はありません。

 

一緒に食事をしたり、映画を見たり、旅行に行ったりと、結婚に縛られず楽しい関係を望んでいるのです。

 

中高年以上の婚活に力を入れている 「楽天オーネット・スーペリア」や、茜会 では、そのような声に応えるべく、パートナー相手の紹介を積極的に進めています。

 

週刊現代の取材で、小倉さんは次のように語ってました。

 

「昔は60歳ってすごい年寄りと思っていたけど、いざ自分がなってみると、まだまだ鼻垂れ小僧だね。人生を楽しく生きるためには、一生恋愛をするぞという気持ちを持ち続けることが大切なんじゃないかな」

 

小倉さんのそんな気持ち、共感できますよね。一度きりの人生、自分のしたいことをやりたいですよね。

 

残りの人生、パートナーと楽しく過ごしたい方は、年齢など気にせずぜひチャレンジしてみてください。

 

パートナー紹介を積極に展開してくれる婚活サイトは、以下の2つです。

 

●「楽天オーネット・スーペリア」

 

●「茜会」

関連ページ

超高齢化社会の60代、70代男女の恋、そして結婚
60代、70代で結婚するときの問題点や課題を考えながら、どうすれば結婚できるか様々な情報を提供します。
70代の結婚 冠二郎さん31歳年下初婚女性と結婚
演歌歌手冠二郎さん72歳が31歳年下の女性と結婚しました。そのポイントについて考えてみました。
還暦同窓会で感じた60歳の結婚事情
60歳の還暦同窓会で久しぶりに会った友人たちに独身者が多いのに驚きました。57歳で再婚した友人の婚活を紹介します。
60歳の結婚のあり方 週末だけ過ごす週末婚のすすめ
60歳の結婚で、平日は別々に暮らし週末だけ一緒に生活する「週末婚」が注目されています。お互いの生き方を大切に、何かあった時に支えあって生きる関係は、これからの新しいスタイルとなりつつあります。
60歳からの結婚 人生を充実するにはパートナーは不可欠
60歳からの結婚は、若い時の結婚と違い背負うものが少なくなります。だから自分たちのことを再優先で考えれば良いのです。
人生のラストパートナーを見つけ充実した時を過ごす
「お迎えを待つだけの人生はイヤ」もう一度充実した時を取り戻すために婚活を始める人が増えています。
阿川佐和子さん63歳からの結婚の真意とは
63歳で結婚に踏み切った阿川佐和子さん。なぜ、今結婚に踏み切ったのか、自分の心情を週刊誌で告白してくれました。