50代、60代のパートナー 恋人

幸せをよぶホルモン「オキシトシン」

老カップル

 

今、注目されているホルモンに「オキシトシン」というホルモンがあります。オキシトシンは、脳の中の神経伝達物質で、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

 

本来の役目は、子宮を収縮させたり、乳腺を収縮させて乳の分泌を促すなど機能があり、女性特有のホルモンと思われていましたが、近年男性にも分泌されることがわかりました。

 

オキシトシンが分泌されると、恐怖や不安が減少したり、心がやすらいだり、人との信頼感が増すなどの効果があります。まさしく「心が幸せになるホルモン」なんですね。

 

30分キスをするとアレルギー症状が改善

 

キスするカップル

 

オキシトシンには、「自閉症」や「アスペルガー症候群」など精神的な病気を治す効果もあるとされ、今研究が進められています。

 

面白いのは、キスとオキシトシンの関係です。2015年の『イグ・ノーベル医学賞』は、「キスをするとアレルギー反応が大幅に減る」ことを発表した大阪の皮膚科医 木俣肇医師が受賞しました。

 

木俣医師の研究では、アトピー性皮膚炎の患者に対して「キスを30分してもらった前後のアレルギー反応」を調べたろこと、キスをした後はアレルギー反応が大幅に減少し、皮膚炎の症状が改善したそうです。

 

この効果も「愛情ホルモン、オキシトシン」が作用してのものだそうです。オキシトシン恐るべしですね。

 

そんなことから、世界中でオキシトシンの研究が始まっており、海外では『オキシトシンスプレー』という商品が開発され販売されています。

 

このスプレーをシュッとすれば、「相手に対し好意的な感情が芽生える・・・」とのことですが、現段階では副作用の心配もあるようです。

 

婚活メニュー

 

オキシトシンを分泌させる方法

 

手をつなぐカップル

 

自然にオキシトシンを分泌させる方法があります。それは、触れ合うことです。手を握ったり、抱き合ったり、肌と肌が触れ合ったりするとオキシトシンが大量に分泌されることがわかっています。

 

不安な時抱きしめられたり、痛いところを手でさすってくれると症状が和らぐのは、オキシトシンが分泌されるからなのです。

 

オキシトシンは、キスやセックスなど粘膜同士がふれあうと、より多く分泌されることも知られています。オキシトシンは、まさに生命を誕生、維持させるための大切なホルモンなんですね。

 

心を安らぎを与えてくれるパートナーの存在

 

私たち人間は、常に誰かと触れ合い支え合いながら生きるようにできていて、その役目を「オキシトシン」というホルモン担ってきました。

 

「肌を触れ合っていると、心が安らぎ幸福感に包まれる・・」。誰もが知っているように、それは偽りのない事実です。そんなふうに考えてしまうと、やっぱりパートナーや恋人は欲しくなってしまいますよね・・・。

 

残りの人生、幸福感に包まれた生活を望まれるなら、ぜひパートナー探しの旅に、一歩踏み出してみてください。

 

中高年専用の婚結婚相談所「楽天オーネット・スペリア」「茜会」では、結婚ばかりでなく、50代、60代の恋人、パートナー探しも積極的にサポートしてくれますので一度資料を取り寄せ検討されてみてはいかがでしょうか。

 

オーネットスーペリア

 

「楽天オーネット・スーペリア」を見てみる

 

 

【茜会】の情報を見てみる

関連ページ

50歳、60歳は結婚よりパートナー関係が理想?
法律で縛られる結婚は妻という身分の保証がありますが、自由を保証されるパートナーのほうが気が楽という人が増えています。
50代、60代の結婚は同世代の方が幸せ|年の差婚の問題点
50代、60代の結婚で、年の差婚が羨ましがられますが、現実はかなり厳しいものがあるようです。同世代婚と、年の差婚の現実を紹介します。