50代が婚活で再婚するための方法をまとめした。

恋人

1970年の婚姻者数は年間102.9万人で、離婚者数は9.5万人でしたが、2013年になると婚姻者数は年間66万人で、離婚者数は23.1万人と、3人に1人が離婚する時代になりました。<数値参照:厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況」/2013年>

 

理由は人それぞれですが、肉体的、精神的、経済的など、何らかの苦痛をイヤというぐらい突きつけられ離婚します。離婚するには結婚の時の10倍のエネルギーが必要と言われ、その経験から、もう二度と結婚はしなたくないと思う人がほとんどです。

 

でも、離婚してから時がたつにつれ、相手のことも、自分のことも含め冷静に考えることができるようになります。相手ばかりでなく、自分の欠点や問題点を知り、こうすればよかったのかな・・など、ゆっくり反省しながら多くのことを学びます。

 

仕事の先が見え、子供が成人してくると、「自分をしっかり理解してくれる人なら、再婚もありかな・・」と考えるようになりますよね。

 

人は、異性を好きになったり、触れ合ったりすると、オキシトシンというホルモンが大量に分泌されるといいます。オキシトシンは、「恋愛ホルモン」や「癒やしホルモン」と呼ばれ、人に安らぎや幸福感をもたらし、ホルモンを活性化させ、若さや行動力を高める原動力となることが知られています。

 

つまり、本当の幸福とは、経済力や物質ではなく、「オキシトシンを得れるかどうか」なのかもしれませんね。

 

人を好きになることは、人生の活力であり生きていること証です。ですから、恋をするのに消極的にならず、オキシトシンをいっぱい感じ会える相手を、ぜひ見つけてください。

 

 

自分に合った婚活サービスの選び方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

婚活メニュー


シニア再婚で幸せをつかむ方法記事一覧

50代が再婚する時に考えておくこと

50代男性独身といっても、既婚歴のある方もたくさんいらっしゃいます。既婚歴のある方には、奥さんと死別された方と離婚された方がいらっしゃいます。同じ既婚歴のある50代男性として、一見同じ環境のように見えますが、けっこう大きな差が潜んでいます。死別の方の場合、子供、奥さんの両親、親戚など感情の問題が残っ...

≫続きを読む

再婚せずにパートナーとして付き合うメリット

最近、結婚はせずにパートナーとしての関係を望む人が増えてました。パートナー関係とは、結婚も同居もせずお付き合いをする関係です。若い時の恋人関係だと思っていただければ、わかりやすいですね。それぞれお互いの家で生活し、デートしたり食事をしたり、たまには旅行したりもします。子供のいる方や、前配偶者との親戚...

≫続きを読む

中高年の再婚に大切なことは「ありのままの自分」

婚活の申し込をする時には、自分のプロフィールを入力する必要があります。氏名、年齢、住所、年収、身長・・・それらの項目はのデータとして登録され、相手の選びのための資料として利用されます。自分も相手を選ぶ時にはそうするように、相手も登録されたプロフィールや写真を見てセレクトします。自分で誇れない部分があ...

≫続きを読む

57歳男性と53歳女性の再婚 老後の1人暮らしは寂しくて耐えられない

60歳になる自分なんて想像できなかったのに、あっという間に60歳になってしまいますよね。先日、高校のときの還暦同窓会に出席してきました。10年を節目に開催しているのですが、10年前の50歳の時は全員が現役。今回は、すでに退職した人、退職を決めた人が半分いました。「これからどうするの?」「年金、いつか...

≫続きを読む