50代男性の結婚相手の年齢は、同年代だけでなく30代、40代の女性からも人気です。

死別と離婚 同じ既婚歴独身でも環境は違います。

海辺

 

50代男性独身といっても、既婚歴のある方もたくさんいらっしゃいます。既婚歴のある方には、奥さんと死別された方と離婚された方がいらっしゃいます。同じ既婚歴のある50代男性として、一見同じ環境のように見えますが、けっこう大きな差が潜んでいます。

 

死別の方の場合、子供、奥さんの両親、親戚など感情の問題が残っており、再婚に対してしっかり理解してもらうことが必要です。しっかり愛しあっていた夫婦だった場合には、特に感情面で複雑になりがちです。

 

子供さんがいらっしゃる場合には、十分なる話し合いが必要となります。「解ってくれているはず・・」と思っていても、案外理解されてないケースが多くあります。

 

例えば、「お父さん、結婚したいんだけど・・」と子供に話したら、「お父さんが好きならば・・」と了解してくれたはずが、実は「お母さんを忘れて再婚するなんて、勝手にすれば・・・」の気持ちが潜んでいることがあります。

 

子供にとっては母親は一人しかいませんので十分時間をかけて話しあうことが必要です。

 

死別再婚の時の整理、確認項目

 

死別の方が再婚するときに、整理や確認しておくことをまとめました。

 

@仏壇や法事
子供や、亡くなった奥さんの両親、兄弟、親戚などに対しての理解

 

Aお墓の問題
新しく迎える奥さんが亡くなった場合、どこに埋葬するのか

 

B新しく迎える奥さんの介護
自分の死後、残された奥さんが病気や介護になったときどうするか

 

C財産の問題
自分の財産の区分け、奥さんなる人がすでに持っていた財産、それぞれの子供に対する相続、財産分与など

 

離婚によって独身になられた方は、奥さんがすでに別の人生を歩んでいますので問題は少ないようですが、死別の場合には、同じ仏壇、お墓に二人の妻が眠ることになります。けっこう複雑な問題が潜んでいるので、再婚するときにはしっかりと考えておいてください。

 

自分に合った婚活サービスの選び方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

婚活メニュー

関連ページ

再婚せずにパートナーとして付き合うメリット
結婚せずパートナーとして付き合うメリットを考えてみました。
中高年の再婚に大切なことは「ありのままの自分」
シニア世代が再婚するための方法をまとめてみました。