60歳からどうしても結婚したい人のための婚活

60代のカップル

 

いくつになっても、素敵な恋をしていたいですよね。

 

恋をすると脳内に「オキシトシン」という癒やしホルモンが分泌され、若返りの効果があると言われていますから尚更です。

 

ひと昔まえの世代に比べ、肉体年齢、精神年齢がどんどん若くなってきており、60歳オーバーでもパワフルに活動されている方がたくさんいます。

 

とは言え、結婚について友人などに相談すると「やめておいたほうが・・、お付き合いだけにしておけば・・」という声も聞かれます。

 

60歳という年齢は、病気や介護など健康面の心配があり、結婚するとなると遺産、お墓、親戚などいろいろな問題があるのも事実です。

 

結婚後相手が亡くなった場合には、結婚期間が数年であっても配偶者に遺産の1/2が相続されるため、子供がいる場合には、遺産相続という問題もあります。

 

でも、そんなことを考えて前に踏み出さなかったら、残りの人生何もしないで終わってしまいます。

 

今や、60代で恋をすることも、結婚することもごくごく自然のこと。

 

加藤茶さんは69歳で、45歳の年下の女性と結婚し、とても幸せに暮らしています。

 

結婚式

 

市村正親さん(56)、石田純一さん(56)、仲本工事さん(71)、ラサール石井(56)さん、岩崎宏美さん(50)、熊谷真実(52)、桃井かおりさん(64)、阿川佐和子さん(63才)、皆さん50代、60代で結婚され、新たな人生を踏み出しています。

 

人生は自分のもの。残りの人生、生きたいように生きる

人生は自分のもの。パートナーと楽しく過ごしたいなら、いくつになろうと誰に言われようと迷わず婚活をすべきです。

 

平均寿命はどんどん伸び、80歳になっても元気な方がたくさん増えています。

 

60歳以降は、仕事や家族からの責任から開放され、本当の意味で自分のやりたいことが自由にできる特別な年代と言えます。

 

特に、定年後の60歳から75歳までは「黄金の15年」と呼ばれ、人生で最も貴重な時間と言われています。

 

恋愛もよし、旅行もよし、趣味もよし、自分のやりたいことができます。

 

自由時間

 

この素晴らしく自由な15年間は、いわば自分の人生の総決算のようなものですから、本当に、楽しく有意義に使っていきたいですよね。

 

パートナーがいれば、旅行をしたり、感激したり、いたわり合ったり、励ましあったり、「黄金の15年」をさらに楽しいものにすることができます。

 

ですから、もし結婚を望んでいるのなら、自分の気持ちに正直になって積極的に行動することをオススメします。

 

出会いがすべての始まりです

現在、お付き合いしている人がいる場合は別ですが、そうでない人は相手を探すことから始めなくてはなりません。

 

50代、60代の方が相手を探すには、シニア専門の結婚相談所を利用するのが一番の近道です。

 

手をつなぐ2人

 

シニア専門の結婚相談所は、中高年が抱える結婚の問題や解決策などの、たくさんの知識があるカウンセラーが仲人役となってくれ、結婚するための的確なアドバイスを送ってくれます。

 

また、婚活に有利になるポイントを探し相手側へ伝えてくれるなど、いろいろな角度からサポートしてくれます。

 

中高年向け専用の結婚相談所には、男性50歳以上、女性45歳以上と年齢の入会制限を設けている楽天オーネットや、創業から50年、中高年向けに一貫して結婚活動を続けている「茜会」があります。

 

楽しく過ごせるパートナー希望の方は、全国開催のお見合いパーティーエクシオや、大人の婚活パーティOTOCONなどのパーティー系があります。

 

パーティー系には、時々合って話しができる恋人やパートナー探しの方も多数参加しています。

 

婚活パーティ

 

毎回ツアーに参加し、いつの間にか親しくなり、お付き合いから結婚へと発展された方も多いようです。

 

結婚相手を探すなら中高年専用の結婚相談所、楽しみながら恋人探しをするなら、婚活パーティと使いわけても良いですね。

 

50代、60代からの結婚を希望・パートナー、恋人が欲しい方

◆50代、60代、70代から選ぶだけ。ピッタリの資料が無料で届きます。

 

・婚活・結婚おうえんネット

 

◆40代以上の方 厳選10社の資料が無料一括請求 入力は1分です。

 

・ズバット結婚サービス比較

 

◆女性45歳以上、男性50歳以上、中高年専用の結婚相談所です。

 

・楽天オーネット・スーペリア

 

◆パートナー希望者もしっかりフォローするシニア結婚相談所の老舗です。

 

・創業50年 中高年のための【茜会】

 

婚活メニュー

60代から結婚するための方法記事一覧

高齢化社会を迎え、一人で住む高齢者が増えています。独身で通してきた人、離婚した人、死別した人、一人で生活している理由は人それぞれです。このまま一人で生きていくのか・・結婚するのか・・パートナーを探すのか・・残りの人生をどう過ごしていくか、60歳からの生き方を模索している人が増えています。背景にあるのは、中高年者の若返りと、シニアの結婚や再婚に対して、社会の認識が大きく変わってきたことがあります。N...

「70代でも、まだまだ結婚できる」、そう確信させてくれる明るいニュースが飛び込んできました。演歌歌手の冠二郎さん72歳が、31歳年下の女性と結婚しました。二人とも初婚だそうです。相手の方は、女優の飯島直子さん似の美人歯科衛生士、42歳。交際期間が長かったのかと思いきや、静岡県で開催された冠さんのコンサートの裏方をしていた彼女に、冠さんが一目惚れし猛アタックをかけたとか。そのアタックぶりはものすごく...

60歳になると、同時に人生の区切りを迎えた同窓生が集まり、還暦同窓会が開かれます。私も昨年、高校の還暦同窓会に参加し、青春をともに駆け抜けた友人たちと40年ぶりに再会し、還暦を祝ってきました。髪が薄い人、太ってしまった人、キレイになった人、すごく活発になった人、皆それぞれに大きく変化していました。(笑)外見はどうあれ、少し話をすればあっという間に昔の友人に戻り、42年も離れていたことなど忘れてしま...

最近、「週末婚」を実践している夫婦が現れてきました。「週末婚」とは、結婚して毎日一緒に生活するのではなく、平日は別々に、週末だけ会って夫婦生活を楽しむというものです。  この週末婚が「新しい結婚スタイル」として、若い人に受け入れられ始めています。イメージとしては、単身赴任で週末のみ家族といっしょに過ごすサラリーマン家族のようなものです。週末だけ会っている単身赴任夫婦の方が仲が良いと言われていますが...

20代、30代、40代と、50歳以降では、「結婚に求めるもの」が大きく異なってきます。40歳までの結婚には、仕事、家庭、出産、子育て、貯蓄など、背負わなくてはならないものが沢山あります。しかし、50代、60代以降の結婚では、子育て、仕事などの役割から開放され、ほぼ自分たちのことが主になります。そのように考えてみますと、シニア世代の結婚は、もう少し結婚を気軽に考えても良いような気がします。欧米に多い...

77歳女性の婚活を描き話題になった映画「燦燦-さんさん」2013年に公開された、吉行和子さん主演の映画「燦燦-さんさん」では、77歳の婚活をいきいきと描き話題になりました。主人公の鶴本たゑさん(吉行和子さん)は77歳。10年におよぶ介護の末に最愛の夫を亡くし、つまらない毎日を送っていました。「私たちってこのまま、お迎えを待つような日々がずっと続くだけなの?・・」。亡き夫の友人でもある医者(宝田明さ...

阿川佐和子さんが、とうとう結婚しましたね。阿川さんは1953年11月1日生まれですから、63歳でのゴールインとなります。お相手は、69歳の慶應義塾大学の元教授で、バツイチ。退職し現在も教育関係の仕事をしているそうです。阿川さんが結婚することになって一番驚いたのは、阿川さんのお母さんだったとか・・。未だに会う度に、「え?サワコ結婚するの?誰と?どうして?」を繰り返し聞いてくるそうです。2017年5月...

小倉一郎さん、テレビドラマの名脇役として60年代の子役から、50年以上一線で活躍されている俳優さんです。色白でほっそりしていて、ちょっと頼りない感じの役は、まさに小倉さんの独壇場ですよね。そんな小倉さん、3度の離婚を経て独身中でしたが、66歳の時、初恋の人まきさんと出会い4度目の結婚しました。小倉さんは66歳、奥さんとなったまきさんは61歳、2人の年の差は5歳です。世の中には、1度も結婚しない人も...

作家で元都知事の猪瀬直樹さんと、蜷川有紀さんが、2018年5月に結婚しました。有紀さんは、故蜷川幸雄監督の姪で画家と女優の仕事をされている方です。猪瀬さんは71歳、有紀さんは57歳ですから。歳の差、14歳のカップルです。<写真:日刊スポーツ様よりお借りしました>有紀さんは背のスラリとした美人で、猪瀬さんは背が小さめ。でも二人で並んだ写真に、なぜか違和感がありません。それだけ、二人の幸せオーラがでて...