50代男性 20歳の年の差婚の幸せと悩み

カップル

 

歳の差婚は、一般的には10歳以上が離れている人のことをいいますが、今は20歳離れている人でも普通になってきましたね。

 

芸能人では、田中哲司さんと仲間由紀恵は14歳差、石田純一さんと東尾理子さんは22歳差、市村正親さんと篠原涼子さんは24歳差、加藤茶さんは45歳差です。

 

実際の年の差婚は、どんな感じなのでしょうか。テレビ朝日スクランブルで、「歳の差婚の幸せと悩み」の2組のケースを紹介していました。

 

44歳と24歳の夫婦の場合

会社の帰り口で偶然見かけたことから一緒に帰るようになり、奥さんの方から強引にアプローチし結婚したそうです。

 

今まで一度も喧嘩をしたことがなく、夫は妻を「気配りのできる人」といい、妻は夫を「やさしい人」といます。現在、新婚1年目、子供も産まれラブラブで状態だそうです。

 

55歳と35歳の夫婦の場合

高校卒業しバス会社にバスガイドとして入社し、20歳年上の運転手の彼と知り合いました。

 

奥さんの父親は、夫の1つ下、母親は2つ上だそうで、母に相談したとき「そんなジジイとなんで付き合っているの・・」と怒られたそうです。

 

【年の差婚のメリット、デメリット】
●男性が年上のメリット
・頼りがい
・経済力
・安心感

 

●男性が年上のデメリット
・親子に見られる
・老後の心配

 

●女性が年上のメリット
・若々しくいられる
・男性を育てるかいがある

 

●女性が年上のデメリット
・自分が母親になってしまう

 

年の差婚の場合、男性が女性より年下だと、女性にプレッシャーがかかり、女性の死亡リスクが20%ほど高まってしまうそうです。

 

また、妻がいる夫の死亡リスクは半分になり、夫がいる妻の死亡リスクは逆に2倍に高まるというデータもあるそうです。

 

お互い信頼し、生き方が共感できれば、年齢の意味なんて、本当に関係ありませんよね。

 

結婚サービス比較.com

 

婚活メニュー