阿川佐和子さんの63歳からの結婚の真意とは

熟年カップル

 

阿川佐和子さんが、とうとう結婚しましたね。阿川さんは1953年11月1日生まれですから、63歳でのゴールインとなります。

 

お相手は、69歳の慶應義塾大学の元教授で、バツイチ。退職し現在も教育関係の仕事をしているそうです。

 

阿川さんが結婚することになって一番驚いたのは、阿川さんのお母さんだったとか・・。

 

未だに会う度に、「え?サワコ結婚するの?誰と?どうして?」を繰り返し聞いてくるそうです。

 

2017年5月、阿川さんは区役所に婚姻届けを提出し、63歳でめでたく奥様になられました。

 

熟年結婚の理想的な姿

 

阿川さんは、結婚を決意した理由をマスコミにFAXで送り、以下のように述べています。

 

以下、その内容の抜粋です。

 

5/18発売『週刊文春』より引用

 

「今後はお互いの健康を気遣いつつ(これが何よりのテーマです)、
足腰が丈夫なうちにできるだけたくさん好きなゴルフをし、
おいしいものを「おいしいね」と言い合い、
くだらないことに笑いあって、ときどき言い争につつ、
穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと存じます」

 

阿川さんの言葉は、まさに「中高年世代がなぜ結婚するのか・・」の答えそのもののような気がします。

 

中高年からの人生は、若い時と違って病気や精神的なトラブルが、次から次へと連続で襲ってきます。

 

そんな時、自分のことを支えてくれる相手がいることは、とても心強いものです。

 

これから起ってくることを素直に受け止め、励まし合いながら、笑いながら、時には喧嘩しながら支え合って淡々と生きていく・・。

 

まさに、老後生活の理想ですよね・・。

 

阿川さんお見合いは30回以上

 

阿川さんは、テレビで「お見合い30回以上」を公言していました。30回の中には、先方から断られたこともあるし、こちらか断ったこともあるそうです。

 

明るく頭がよく、誰にでもやさしく、ユーモアのある阿川さんですから、先方から断るケースは少なかったと思いますけど・・・。

 

だれか心に思っている人が、いたのでしょうか。

 

実は、2014年10月発売の週刊新潮で、阿川さんは「30年前に知り合った6歳年上の男性」の存在を認めていました。

 

今回、阿川さんと結婚された方は、まさしくその男性だったようです。

 

でも、相手は既婚者。30年間、あきらめようとお見合いを何度もしたけど、彼を越える人は現れなかった・・という感じのようです。

 

そして、相手の男性は離婚し、今回阿川さんと結婚するようになったとか・・。

 

熟年から結婚は、思いやりが一番

 

熟年カップル公園

 

熟年世代からの結婚は、幸せになれるケースが多いといいます。

 

若いときのように、「外見、職業、年収」など外見的な条件ではなく、純粋に「優しさや思いやり」など内面的なものを求めて、結婚する人が多いからです。

 

でも、阿川さんの言う、『おいしいものを「おいしいね」と言い合い、くだらないことに笑いあって、ときどき言い争につつ、穏やかに老後を過ごす』ためには、大前提となる条件があります。

 

それは、『同じ価値観や判断基準をもっていること』です。同じ価値観であるからこそ、いっしょに食べて、同じものを観て、いっしょに笑いことができるのです。

 

もし違ってしまうと、どちらかが合わせるか、どちらかが我慢せざるを得なってしまいます。

 

一度や二度ならよいのですが、毎回、毎日と続くと嫌になってしまいます。結婚生活の破綻も、これが原因となっていることが多いですよね。

 

でも、価値観が合った人に出会えれば、阿川さんのおっしゃる通り、心の底からいっしょに笑うことができ、人生の楽しみも倍増させることができます

 

そして、悲しい時も、二入で分かち合うことができます。

 

そんな人に出会えれば、人生が二倍も三倍も楽しくなるのは間違いないですよね。これからの20年、30年が素晴らしい人生になります。

 

私たちも、阿川さんのように、いくつになっても前向きに生きていきたいですね。

 

そんな人と、めぐり会うためにも、ぜひ結婚の行動を起こしてみてください。

 

そろそろ次に

 

婚活メニュー

関連ページ

超高齢化社会の60代、70代男女の恋、そして結婚
60代、70代で結婚するときの問題点や課題を考えながら、どうすれば結婚できるか様々な情報を提供します。
70代の結婚 冠二郎さん31歳年下初婚女性と結婚
演歌歌手冠二郎さん72歳が31歳年下の女性と結婚しました。そのポイントについて考えてみました。
還暦同窓会で感じた60歳の結婚事情
60歳の還暦同窓会で久しぶりに会った友人たちに独身者が多いのに驚きました。57歳で再婚した友人の婚活を紹介します。
60歳の結婚のあり方 週末だけ過ごす週末婚のすすめ
60歳の結婚で、平日は別々に暮らし週末だけ一緒に生活する「週末婚」が注目されています。お互いの生き方を大切に、何かあった時に支えあって生きる関係は、これからの新しいスタイルとなりつつあります。
60歳からの結婚 人生を充実するにはパートナーは不可欠
60歳からの結婚は、若い時の結婚と違い背負うものが少なくなります。だから自分たちのことを再優先で考えれば良いのです。
人生のラストパートナーを見つけ充実した時を過ごす
「お迎えを待つだけの人生はイヤ」もう一度充実した時を取り戻すために婚活を始める人が増えています。