50代が婚活で再婚するための方法をまとめした。

結婚せずパートナーを求める人が増えてきました。

恋人

 

最近、結婚はせずにパートナーとしての関係を望む人が増えてました。パートナー関係とは、結婚も同居もせずお付き合いをする関係です。

 

若い時の恋人関係だと思っていただければ、わかりやすいですね。それぞれお互いの家で生活し、デートしたり食事をしたり、たまには旅行したりもします。

 

子供のいる方や、前配偶者との親戚の付き合いが残っている人などに、パートナーを望む人が多いようです。

 

子どもが成人独立していると、今後のことを考えて「恋人でもつくってみたら・・」「いい人がいたら結婚してもいいよ・・」などと言ってくれます。

 

しかし、実際結婚するとなると、お互いの資産、遺産相続、実家とのつきあい、養子縁組、親の介護など、いろいろな問題が現実のものとして押し寄せてきます。

 

面倒な結婚より良きパートナーの選択

 

結婚すれば、夫婦として法律的に守られますが、それと引き換えに多くの義務や責任が生じてきます。パートナー関係なら、本人同士の付き合いのため、煩わしさもなく気軽にお付き合いすることができますよね。

 

パートナー関係を望む人は、経済的に自立している女性に多いといわれています。つまり、結婚の目的はお世話することではなく、一緒に楽しむことなのです。

 

50代の親の年代は80代で、まさしく介護が必要な時期と重なります。それ考えると、結婚に二の足を踏んでしまう気持ちはわかりますよね。

 

中高年の結婚は、男性は得るものが多いけど、女性の場合には失うものが多いという意見もあります。結婚するなら、男性にそのようなことも、しっかり理解してもらわないと、苦労だけ背負い込むことになりそうですね。

 

パートナー関係のメリットを簡単にまとめてみました。

 

【パートナー付き合いのメリット】
・結婚式をあげなくてすむ
・相手の親戚関係(親・兄弟)との付き合いをしなくてよい
・相手の親の介護責任がない
・お互いに自分の時間が自由なる
・養子や相続などの問題が発生しない
・趣味や価値観のあった人と楽しめる
・財産や相続でドロドロしないですむ
・自分の子供に財産を残してあげれる
・距離感が保たれるためケンカや言い合いがおきない

 

もちろん、パートナー関係は、お互いに信頼関係がはじめて成立することです。信頼関係があればいつでも結婚できるわけですから、お付き合いしながら、お互いの信頼や理解を高めあい、必要に応じて判断すればいいことなのかもしれませんね。

 

結婚までは踏み切れないけど、本当に気心のあった人と楽しい老後を過ごしたい・・。今、そんな人を求め婚活サービスを利用する人が増えているそうです。

 

良いパートナーがいると、人生の楽しみも2倍に増えます。始めの第一歩は、「大人のパートナー関係から」、ぜひ挑戦してみてください。

 

楽天グループ

 

自分に合った婚活サービスの選び方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

婚活メニュー

関連ページ

50代が再婚する時に考えておくこと
50代が再婚するときには、考え整理しておくポイントがあります。
中高年の再婚に大切なことは「ありのままの自分」
シニア世代が再婚するための方法をまとめてみました。